ホーム>スタッフブログ

【エピローグサロン光の庭】は横浜・平沼にあります。

スタッフブログ

悔いのない葬儀ができました<お客様のレビュー>

大変うれしいレビューを頂いています。

2021221175950.jpg

 

悔いのない葬儀ができました

2019/10/13 投稿者:〇〇〇〇 おすすめレベル:★★★★★

急逝した母の葬儀に際して購入させていただきました。
棺に納まった姿は花嫁のようで、親族も葬儀社の方も皆綺麗だと褒めて下さいました。
「葬儀ではウェディングドレスを着たい」と言っていた母の生前の希望を可能な限り叶えてあげることができ、悔いのない立派な葬儀をすることができました。
突然の訪問でも丁寧にご対応下さり、本当にありがとうございました。

 

光の庭 通信販売ページより

************************************************************************************

こちらのお客様は、リバーレースをふんだんに使っている「百合」のドレスを選んでいただきました。

お父様と息子様のお二人で実際のドレスを見に来てくださいました。お母様への想いをたくさん語ってくださったのが、愛が溢れて心が温まりました。

この度は悔いのないご葬儀で送られたという事で、光の庭スタッフもとても冥利に尽きます。うれしいお言葉をありがとうございます。

 

百合

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=92

 

#エンディングドレス #死装束ドレス #エピローグドレス #終活 #光の庭

#ウエディングドレスのようなエンディングドレス

 

 

 

 

 

品のある美しい色<お客様のレビュー>

大変うれしいレビューを頂いております。

2021123202755.jpg

品のある美しい色

2016/10/17 投稿者:80歳女性 おすすめレベル:★★★★★

最後に白い色を着るのが嫌でした。
最後に着るドレスを探していて、葬儀社の終活フェアで見たときに、とても上品できれいで、これなら着たいと思いましたが、3か月悩んで買いました。

届いてから、着てみました。きれいな仕立てでよかったです。

 

光の庭 通信販売ページより

************************************************************************************

こちらのお客様は「アメジスト」をご購入いただきました。

胸回りに布花がたくさん縫い付けられて、気品と愛らしさが満ちたドレスです。

このドレスを作っている「シャンタン」という素材は、フォーマルの素材の中でも 最高級の素材になります。

 

元は山蚕(天然のシルク)から採られた糸で織られたものです。

野にいる天然の蚕なので、作る糸も均一ではなく太いところや細いところがあるワイルドさ。

その糸を紡いで織った生地が「シャンタン」です。抑えた上品な光沢と不規則な畝が特徴です。

 

光の庭では、終活のために保管されるドレスを想定して、既製品はポリエステル素材で作っています。

10年でも20年でもシミや虫食いなど起こらない、安定した素材です。

日本の繊維の技術は素晴らしく、一見しただけではシルクかポリエステルかわかりません。

そういう素材を光の庭では 探して使っています。

 

お客さまも 前もってご準備を頂いたのでしょうか。お手元にお届けすることが出来て嬉しいです。

 

アメジスト

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=11

 

#エンディングドレス #死装束ドレス #エピローグドレス #終活 #光の庭

#前もって準備するエンディングドレス

 

 

希望の光に包まれるドレスでした。<お客様のレビュー>

2020128194225.jpg

大変うれしいレビューを頂いております。

 

2019年7月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入

箱を開けた瞬間、ドレスの美しさに心うたれました。
上品なデザインに美しい生地、丁寧な縫製、梱包。
アニバーサリーで贈って頂いた、ウエディングヴェール職人による繊細なヴェール。

死出の旅路へ向かう母が少しでも苦しまずに過ごせるよう、施設のスタッフに支えられながらも苦しい日々に、雲の上から届く暖かい光に包まれたような感覚でした。母はこのドレスで天国にお嫁入りするのだと思える事が、看とりの中にいる家族にとって大きな救いになっています。

間に合わないといけないと、注文時の到着予定日よりもずっと早く届けて下さったお心遣いも嬉しく、心を暖めてもらいました。ありがとうございます。

 

●●こちらのお客さまには、エピローグドレス「虹」をご購入いただきました。死装束のドレス、エンディングドレスと、検索されて見つけていただいたのでしょう。このドレスをお届けすることが出来て、本当に良かったと思います。うれしい言葉をお気持ちを頂きました。エピローグドレス「光の庭」のデザイナー、縫製スタッフ、出荷担当スタッフのすべての想いが、お客様に認めていただけたようで、幸甚に存じます。とても勇気を頂きました!!これからも頑張って 素敵なドレスをお届けしていきます。

3世代目の装花を販売開始しました

20209820235.jpg

おまたせいたしました。装花ラリエットが通信販売にアップされました。

 

今回のお花は 3世代目になります。

毎回デザインがブラッシュアップされていきます。今回も愛らしい花のハーモニー。

アーティシャルフラワーという、テクニックで作られています。

 

大きさは今までと同じなので、首元にあしらったり、お手元に添えたり、同じようにお使いいただけます。

 

また、いろんなコーディネートの写真を増やしていきますので、待っていてください。

 

ラリエットを創作していただいた フラワーデザイナーの方もご紹介してまいります。待っていてくださいね。

202098203155.jpg

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/list.php?category_id=18

新作ドレスを製作中

コロナの影響で、もともとのイベント・広告関係の衣装製作が すべてキャンセルになっています。

この春の時期だと モータースポーツのレースクィーン。展示会コンパニオン。街でのサンプリングコンパニオン。

仕事のために着用する衣装製作が 新年度に合わせて目白押しのはずでした。

私の長年の仕事ですが、こんなことは初めて。リーマンショックの時も何かしら仕事は動いていたもの。

3月の所沢の球場スタッフの追加ユニフォーム納品を最後に、すっかりワイツープランニング(衣装製作の会社)の仕事は停止中。

なので、この機会になかなか手に付かなかった「新作ドレス」を製作しています。

 

今回は、限定デザインのドレスをいくつか作ってまいります。どのデザインも1着~3着くらいしか製作しません。

「パール」がメインのドレス。「レース」の美しさを強調したドレス。

ベールやポーチなどもコーディネートを凝らしたドレス。

ワクワクしますね~~。

 

今までの光の庭のドレスは皇室の方がお召しになっているような「フォーマルドレス」を強く意識してデザインをしていましたが、今回のドレスは「華やかなドレス」を目指しています。

ウエディングドレスのような「華やかさ」。

作っていてもワクワクいたします。

 

コロナの影響で スタジオ撮影が難しい状況です。どのようにご紹介できるのか考え中ですが、もう少し待ってくださいね。

 

2020422173657.JPG

 

SOBANIに掲載されました

エンディングの情報サイト「SOBANI」

今回はエンディングドレスの取材という事で、「光の庭」が取材を受けました。

SOBANI

https://sobani.net/articles/ending-dress

 

2020413195645.jpg

今回は福岡の「さくらさくら」さんと、横浜の「光の庭」が取材されております。

エンディングドレスとは!!という、ドレスの説明と、各ブランドやデザイナーの紹介になって、幾つかのドレスも掲載されています。

まだまだ、ドレスの認知度は低く、このように紹介されるのは とてもうれしいです。

 

福岡の「さくらさくら」さんは、私がドレスの製作を始めたときには、すでに9年のキャリアを持っているブランドです。

葬祭関係の展示会で社長の中野さんを紹介して頂き、その後 福岡まで伺ってお話させていただきました。

「さくらさくら」のドレスはもちろんですが、和服のアレンジされた装束はとても素晴らしく、感激をいたしました。

当時、葬儀の世界で右も左もわからないまま、「ドレスを作る」ことに熱中して、展示会では販売の方法もわからず、途方に暮れているときに唯一お話が通じる人でした。

「みんな、ドレスを作り始めても1~2年で辞めちゃうけど、アナタなら大丈夫そうね!」と言われたことが 今でも強く心に残っています。

まだまだ、これからと思っています。まだ、大丈夫!!頑張りましょう。

 

 

お客様のお言葉

お客様から頂いたメールを紹介いたします。

 

杉下さま

この度は大変ご丁寧にお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。

ドレスも帽子もハッとするような美しさで、お別れの悲しい時間をも美しい瞬間に変えていただきました。

今回はじめてエンディングドレスというものを知り、その存在が本人のみならず残された家族の心を深く支えてくれたことに感謝です。

杉下さまのお仕事にも大変感銘を受けました。

季節の変わり目ですので、どうかお体を大切にお過ごしくださいますように。

-----------------------------------------------------

とても嬉しいメールです。

お返事をさし上げたところ、折り返し 再びメールを頂きました。

---------------------------------------------------

杉下さま

ご丁寧なメールをいただきまして、こちらこそ恐れ入ります。

ドレスと聞くと年配の方は躊躇されるかもしれませんが(仏教に熱心な84歳の叔母がそうでした)、実際にドレスを目にしたところ感動して拍手までしておりました。

一人でも多くの方に杉下さまの優しいドレスが届きますように。

---------------------------------------------------

この方は、ドレスに帽子をコーディネートされて選ばれました。

ドレスのクリームがかった白の生地は ウエディングドレスにも使われている生地で、故人の肌の色を温かく感じさせてくれます。

帽子も深くかぶるターバン調のフォーマルな帽子なので、ドレスと合わせると上品な格調高い装いになります。

ご親族の方も喜ばれたそうで、ホントに良かったです。

レビューにも、ご記載いただき、その時の様子がわかります。

 

「人生を讃えるハレの衣装」として、ドレスをお作りしていますが、

お客様の 「お母様を送る気持ち」に ドレスが寄り添えたことをとてもうれしく、

このように感じたことをお知らせいただける事が、私の仕事への勇気につながります。

こちらにこそ、本当にありがとうございます。

202043221144.jpg

 

 

 

 

故人のことを 会葬者に話します

お通夜の時に渡された定型の会葬御礼のほかに 二つ折りのカードをもう一枚 渡されました。

この2枚目のカードには、妻の愛が溢れていました。

20193723547.jpg

 

お世話になっている先輩のご主人が ご逝去されました。

うかがったお通夜では、会葬御礼のカードのほかに、封筒にはもう一枚メッセージが印刷されたカードが入っていました。

そこには、ご主人が病気のために大好きな仕事を離れた事、それからの長い治療期間を二人で楽しく過ごしている事、

また、さらなる病気が発症して お身体が困難になっていく様子などが書かれていました。

先輩とは よくお会いしていたのに、ご主人のことは断片的にしか伺っておらず、このカードで近況を教えてもらったのです。

 

お通夜では泣きじゃくりながらも 会葬者一人一人と目を合わせてお礼を言っている先輩。

グッと胸が詰まります。

 

故人は外資系の会社で バリバリでお仕事をされていた方です。

若いうちに退職されてからは、「何か病気がちな様子だなんですね」と、ふんわりとおもっていました。

先輩のご主人への想いもしっかりと書かれており、帰りの電車でカードを読みながら、泣きじゃくっていた先輩のお顔が浮かびます。

 

定型の会葬御礼に添えられていた もう一枚のカードのおかげで、短い時間のお通夜でしたが 深く向き合えたように感じられました。

とても 素敵なカードのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンディング産業展2018

201883121420.JPG

お台場のビックサイトで開催された 「第4回エンディング産業展」

最終日に行ってきました。盛況でしたね~~。

 

この展示会は、どなたでも来場いただけます。

招待状が無いと2000円ほどかかってしまいますが、「光の庭」では招待状をご用意できますので、「来年は是非見たいわ」という方はお声掛けください。

 

第1回、第2回に「光の庭」が出展した時は、ビジネスのための展示会という要素が強く、一般の方はほとんど来場されていませんでした。

葬儀社様や、大学の研究者、納棺師の方など、お仕事の方とたくさんお話をしましたね。

今回は、終活の組織や、返礼品の会社、骨壺や手元供養の会社など、一般の方にも気になる展示がたくさんありました。

セミナーも充実しています。石屋さんもたくさんいました「ストーンショウ」も同時開催ですものね。

 

産経新聞社の「ソナエ展」が25日に開催され、檀蜜さんのトークショウもありました。

一般の方が、情報を集めるには面白い展示会になってきましたね。

お寺さん、神道、など、宗教関係もブースを出しており、来場者から情報を集めたりもしています。

 

死装束の会社は 経帷子などの着物の会社、そしてフューネラルドレスの新しいメーカーが出展をしていました。

エンディングドレス、フューネラルドレス、エピローグドレスと、死装束ドレスの名称はありますが、

死装束のドレスメーカーが増えるのは嬉しいです。

ドレスが死装束として当たり前の選択肢になってほしい。

 

来年は出展しようかな。

 

「光の庭」五周年記念 特別販売①

201872022443.jpg
エピローグドレス「光の庭」をお届けするようになりまして、この夏で6年目に入りました。
たくさんのご支援の中、「光の庭」の通信販売は エピローグドレスから、副葬品、ペットの葬送品、手元供養、そしてギフト需要まで、広くご提供させていただいております。
 
このたび、期間限定ではございますが、人気のお品物を、感謝価格でご提供させていただきます。
身じまいのお支度をするきっかけにいかがでしょうか。
 
 
 
 
まずはエピローグドレスからは、シンプルで 素材や光の美しさが好評のドレス
■「ワルツ」
■「虹」
 
ペットの葬送品からは、お見送りの時を感謝を込めて美しく送る葬送セット
■「ディジードレス 葬送セット」(ドレス付葬送セット)
■「花衣」(ドレスなし葬送セット) 
■「草原」(ドレスなし葬送セット) 
■「夢心」(ドレスなし葬送セット)
■「大きなクッション ローズガーデン」
 
 
 
■エピローグドレス「ワルツ」
 
真っ白なジョーゼットにプリーツ加工をいたしました。
 
繰り返されるワルツのリズムを思わせるプリーツは、美しい光の陰影をつくります。
 
流れるようなシルエットの気品。
 
布ブーツと、プリーツで作られたポーチがセットになります。
 
今回は、ほぼ半額の 39.960円(税込)にて、販売いたします。
 
<通常価格 78.840円(税込)>
 
 
 
■エピローグドレス「虹」
 
アイボリーホワイトのマットサテン(鈍い光沢の生地)は、ウェディングドレスに使われている素材です。
 
抑えた光沢の上質な、張りのある厚地の素材で、寝姿を美しいシルエットで包みます。
 
胸元のピンタックや編み込みのコードパイピングなど、トラッドのデザインをポイントに落ち着いた愛らしさを見せています。
 
着る人の年齢を選ばないエピローグドレスです。
 
今回は 39.960円(税込)にて、販売いたします。
 
<通常価格 57.240円(税込)>