• スタッフブログ
  • インスタグラム
  • フェイスブック

エピソード

お客様からのメールをご紹介します。

お客様から、メールを頂きました。

ご紹介の了解は頂いてます。

この方は、購入のタイミングを悩みながらメールをくださいました。お母様の余命宣告のあと、自宅で看護をしながら、お看取りの準備に悩まれていました。

私からは「購入は6~7割の方がご生前です。ご逝去のタイミングですと、とても忙しくなりますので前もって用意される方も多いです。」とお伝えをいたしました。

その後、すぐにご購入いただいてます。

 

 

—お客様からのメール—-

少し前に購入させていただいた〇〇と、申します。

今秋、母は、旅立ちました。前もって購入していたので、すぐに、ドレスを着せてもらうことができました。

ドレスを着た母は、本当に美しかったです。

光に包まれて輝いてました。

訪問医の先生も、こんなのがあるのねと感動されてました。

Facebookで記事アップされてました。(笑)

エンジェルケアをしてくださった看護師さんも、美しいと絶賛してくれました。

訪問看護師さんの間で話題になってるみたいです。(笑)

葬儀屋さんからも、後からお礼のお手紙で眠れる森の美女みたいでしたとほめていただきました。

みんなから、きれいきれいと言われて、母の顔がほころんだような気がしました。

エンディングドレスを作っていただき、本当にありがとうございました。

おかげさまで、悔いなく母を旅立ちさせることができました。

〇〇〇〇

 

—主宰 杉下からの返事—

メールをありがとうございます。

~中略~

〇〇様がお母様の為に用意されたエンディングドレス。

とても美しくお似合いになっていたご様子が伺えて、胸が熱くなりました。

皆様の心の中にも美しいお母様がずっと残っていかれると思います。

お知らせくださいまして、ありがとうございます。

ブログも拝見いたしました。エンディングドレスのご紹介もいただいてありがとうございます。

~中略~

光の庭のHPもちょうどリニューアルをして、年内は情報の整理をしております。お客様の声、というところも作りました。そちらに掲載させていただきます。

急に秋が深まってまいりましたね。お疲れが出ませんように。

この度はありがとうございました。

 

—-お客様からの返信—

掲載の件 承知いたしました。

私も、早く購入することにためらいがありました。

でも、長く保存しても、大丈夫な材質で作られているという説明があったので、思いきって、購入いたしました。

亡くなってすぐに、着替えさせることができたので、身体も硬直しておらず、綺麗に着せることができました。

購入しておいて、よかったと心から思いました。

母は、食べ物が食べられなくなっていたので、骨と皮だけの細い細い身体でした。

「寝姿が、美しいようにデザインされた」と書いてあったように、ドレスを着たらふっくらとして、ふっくらとしたお袖のデザインが、とてもよかったです。

亡くなった時、ドレスを着た美しい母の姿が、目に焼き付いております。

家で亡くなったので、葬儀場に行くまで家で12時間くらいいました。

ドレスとベールの母は、本当に寝ているようでした。

最近は、納棺したときしか、顔に布をかけないみたいです。

納棺したあとは、顔が見られるように、ベールを取るので、

ベールで、髪の毛を隠すことができて、華やかになりました。

 

エンディングドレスを知らない人がたくさんおられます。

もっともっと広告して、必要とされているかたに、伝えてあげてください。

私の友人も私の話を聞いて、自分の母に着せたいと言ってましたよ。

私自身も、子供に頼んでいます(笑)

 

エンディングドレスを作っていただき、本当にありがとうございました。

〇〇〇〇

美しいエンディングベールができました

 美しいエンディングベールができました。<珠のベール>です。


死装束にふさわしい綺麗なベールをつくりたいと、ずっと試行錯誤していましたが、やっとできました。

横たわった寝姿だから出来る この形のベール。新しいベールの形の誕生です。

202141920458.jpg

<珠のベール>と名前を付けました。ベールが丸くふっくらとお顔を包む形状が 真珠の「珠」のイメージです。
柔らかなチュール1枚でふんわりと、光を集め、光をまとい、光に包まれます。
お顔は綺麗にはっきりと見えて、チュールの効果で気品にあふれてさらに美しく感じます。
お顔回りを囲むレースもエレガントです。

 

 

 

8年前に「光の庭」ブランドをはじめてから、寝姿にピッタリなベールを考えて、いくつも試作を繰り返してきました。
最初に作ったベールは「真珠ライン」 お顔にのせるタイプのベールです。

20215814423.jpg

これを超えるベールは 難しかったです。
でも、立ち姿でつける「美しいウエディングベール」と同じように、寝姿でつかう「うっとりするような美しい死装束のベール」が他にも必ずあると思い、アイデアが見つかると試作を作っていました。

 

ここで、新しいベールとの出会いがあります。

<友人のお母様に贈ったベール>です。

202158163518.jpg

友人のお母様は「エピローグドレス真珠」を着用してくださいました。帽子とセットの柔らかなクリーム色のスーツドレスです。

エンディングベールは 私が手作りで思いを込めて縫い上げて、お届けしました。上の写真がそうです。

フランス製の幅の広いレースで作ったコンパクトなベールです。お顔のところには透けるチュールです。周りのレースが立ち上がり、お顔をつつみます。

皆様に レースに包まれたお顔をはっきりと見ていただけました。

ドレスを着用してベールを付けているお姿は、映画女優の様にエレガントで美しく、ご参列の方々に称讃いただきました。
ご生前のお母様がとてもおしゃれだった事や、美味しい料理をふるまっていた事など、お話が尽きることなく、にぎやかにお見送りできたと思います。

<お顔がきちんと見えるベール>は、着用されている方を、話題の中心にいたします。何度もお顔を拝見して心にお姿をきざみます。ホントに、うっとりするほど美しいお顔で眠られていました。
私もお母様のエレガントで美しいお顔が心に強く残っています。そして、出逢った時間を繰り返し思い出します。

お顔がちゃんと見えること。このベールが初めてでしたが素敵な効果が満載でございました。

そして、このベールの形は独特です。
お顔を包むようにレースで囲んでチュールを膨らませます。横たわった寝姿だからこそ出来ました、新しい形です。

 

このベールを贈ったことがきっかけで 生まれたのが「珠のベール」です。

「光の庭」の為のデザインで、超特急で撮影用サンプルを作り、今回のリニューアルに間に合わせてご提供できました。

 

202158143755.jpg

ドレス+帽子<アメジスト> 詳細はこちら

ベール<珠のベール>  詳細はこちら

 

 

普通、ベールと言えば、もちろんウエディングベールですよね。

ウエディングベールはすっと立っている状態で、頭のてっぺんにベールトップを載せます。

そこから地球の引力で広がり、ふわりと波打ち美しいシルエットを作ります。
ベール自体が流れるようなシルエットの美しさ。

動いて美しく、立ち姿が美しく、ベールアップとかの変化があり、ドラマティックです。
イロイロな距離で花嫁さんを見ますよね。入り口から入ってきて、バージンロードを通り、そして祭壇では後ろ姿をみせてくれます。いろいろな距離や角度で姿を拝見します。

そして長く裾をひくベールは圧巻でウエディングならではの美しさです。

 

一方で、「エンディングベール」には、動きはありません。

シルエットや遠近感などの変化はなく、全くウエディングとは違うのです。

「エレガントな美しいエンディングベール」はどうすれば出来るのか、考えて考えてずっと試作を繰り返していました。

贈り物がきっかけで、やっと出来た「珠のベール」

新作ドレスにも同じタイプのエンディングベールを考えることが出来ました。ベールとセットの愛らしいドレスが幾つも生まれました。

ベールセットドレス こもれび

 

「珠のベール」は ベールだけでも十分に印象的にお使いいただけます。


スーツやワンピースなどの私服を着用されても使っていただけます。

色にも制限がありません。ドレスの色を選ぶ事はありません。

202158145930.jpg


そして、お着物にも合わせていただけます・

仏教のご葬儀の場合、白いお着物を着用されることが多いと思います。

そのお着物にも似合うように作りました。

艶やかな振袖や、花嫁衣装にも合わせていただけます。

2021581505.jpg

 

ベールだけでも、十分に死装束として、気品と尊厳に満ちたお姿になります。

202158165330.jpg

ご相談があった例ですが、直葬用にベールを購入された方がいらっしゃいます。
着衣はパジャマで、首から下は布団の中ににいるので着替えないという事です。

ベールだけで十分に死装束として、気品と尊厳に満ちたお姿になります。とお伝えしました。

ホントにそう思っています。「光の庭」のベールは、きちんとした仕立ての品格のあるベールです。

美しい人<お客様のエピソード>

201862812119.jpg

サロンにお電話がありました。「カタログを送ってほしい」

住所を伺うと、電車で30分ほどの街にある病院なので、「カタログだけじゃなく、ドレスを何枚か持っていきます。」というと、指定されたのが緩和ケア病棟でした。

癌で余命宣告をされて、すでに積極的な治療をせずに穏やかに過ごされているとの事。

ガラガラと大きなスーツケースと共に伺いました。

 

私と同世代の女性で、病院で出会わなければご病気とわからない状態の美しい方でした。

病棟の看護師さんも集まって、「私が着せるって、取り合いになるね。素敵なお支度が出来ますね」と、フランクに明るく話しています。

 

私が次々に広げるドレスを撫でながら、「主人と息子だけだから、きっとこんなことは思いつかないの。最期に綺麗なドレスを着て、病気でやつれて逝ったのじゃなくて、きれいな人だったねと、思ってほしい。」と、ドレスを選ばれました。

「光の庭」のドレスのことをどのように知ったのか伺うと、手帳に挟まった新聞の切り抜きを見せてくれました。

新聞の切り抜きは結構たくさんあり、かねてから情報を集め、ドレス以外にも準備をされているそうです。

 残していく家族を想って準備されている「身じまい」の事を、ゆっくりと話してくださいます。

 イロイロな事を乗り越えてのことだとは思いますが、美しい方だと思いました。

2018628121427.jpg

ご本人様から許可を得て掲載させていただいたエピソードです。