• スタッフブログ
  • インスタグラム
  • フェイスブック

新商品

ウエディングドレスの様なエンディングドレス

2021824222331.jpg

高級な輸入レースを使った とても華やかなエピローグドレス。

ドレスのオーダーを承って、イロイロとご希望を伺っていくと、とても華やかなレースを使ったドレスを希望されていることに出会います。

まるでウエディングドレスの様な華やかでエレガントなドレス。

 

私が母のために作ったエピローグドレスも エリザベス・テーラーとグレース・ケリーのウエディングドレスをデザインベースにして作りました。

キャサリン妃と同じレース屋さん(フランス)から届いたレースをふんだんに使い、重厚なシルクの生地を使い、ベールも、バックも、棺かけも作っています。

上半身をすっぽりと包み込むベールも スパンコールやパールを使ったレースを散りばめています。

そうそう、このドレスにはニックネームもあります「ハリウッドドレス」です。

202182421252.JPG

 

ご依頼を頂いて、個別にお伺いして、オリジナルのオーダードレスをお作りする場合も、いろんなレース遣いをしてデザインしてきました。

「ウエディングドレスの様な」というご要望は多いのです。

 

いままで「光の庭」のエピローグドレスは、<フォーマルな第一礼装>をイメージしてデザインしてきました。

皇室の式典などで着られているドレスが洋装の第一礼装になります。結婚式などで親族の女性が着用されたりもしますね。

着物の第一礼装の「留袖と同じ格式」になります。気品あるエレガントなロングドレスです。

ウエディングドレスとは違う世界観のドレスです。

202182719241.jpg

◆エピローグドレス 「真珠」帽子付きドレス 

詳細は こちら

/shop/products/detail.php?product_id=17

 

ドレスと言っても、いろいろなタイプがあります。

イブニングドレスやセレモニーのドレス、演奏会のドレスなど、いろんなシーンに合わせて使い分けていくものです。

その中でも エピローグドレスとして、美しく着ていただけるドレスを求めて フォーマルドレスをお作りしていました。

 

「光の庭」の既製品ドレスでは、この「華やかなドレス」が難しくて、イロイロと悩んでいました。

主役であるドレス。品格のあるドレス。そして、美しいエレガントなドレス。

デザインは二転三転いたしました。

オーダーのドレスと同じに製作すると、素材も高価で、縫製も一流の職人にお願いして、オリジナルのデザイン、唯一の型紙、すべてが合わさると 既製品として、通信販売でとても販売が出来ないレベルのドレスになってしまいます。

悩みました、考えました、試作をいくつもつくりました。

そして、コロナ過ですっかりイベントユニフォーム系のもう一つの仕事がなくなり、たくさんの時間が出来ました。

しっかりとドレスの開発ができました。

そして、やっと出来ました。「華やかなドレス」です。

 

まずはドレスは新たに3つのタイプをつくりました

「美しいレースを主役にした限定品のドレス」

ベールをセットにした レースの美しさを全面的に出した華やかなドレスです。ウエディングドレスの様なドレスはこちらの事でしょう。

ドレスのベースデザインは、「光の庭」の基本形を使います。繰り返し検討されてきた「寝姿が最高に美しいシルエット」

この型紙は、何回ものリニューアルを繰り返し、今、最高に美しい 横たわった状態で着用するドレスの型紙です。

ベースドレスの素材は シルクの様な高貴な光沢を放つシャンタン。フォーマルに使われる素材です。

 

その基本のドレスの上に、レースを配していきます。

ベースがシンプルなので、レースがとても映えます。

そして、レースが限定品なので、ドレスも一つのレースに付き、1~3着程度の製作しかありません。 どのドレスも限定品になります。

また、レースを変えて、新作を作っていきます。

 

◆「庭苑」

ち密な刺繍に パールをたっぷりと載せ、透明なスパンコールが小さな光を放ち、レースの美しさに圧倒されます。

このレースには西洋の庭苑の様なリズミカルなエレガントさがあります。

そして、ドレスの全面にレースが広がり、重厚なボリュームを感じます。セットのベールは、お顔の周りにレースを配して華やかさを盛り上げます。

202182422427.jpg

「庭苑 薄紫」詳細は こちら

/shop/products/detail.php?product_id=123

 

◆「こもれび」は、ボリュームのあるメインのレースをベールの裾部分に使いました。参列者から見た時に いちばんお顔が映える胸元にレースで華やかな演出をします。

ベールをはずすと、オーガンジーで作った小花のブーケがふわりふわりと配されたドレスになります。シャンタンの生地の美しさとレースの愛らしさで気品にあふれるドレスになりました。

202182422518.jpg

「こもれび」詳細は こちら

/shop/products/detail.php?product_id=121

 

まだ、これからもレースのドレスはいくつか出来上がってきます。

 

2つ目のドレスです。

「シンプルでモダンなドレス」

イブニングドレスをイメージした シンプルでモダンなドレスは、ベールやアクセサリーも自在にコーディネート出来ます。

ドレスのベースデザインは、レースと同じく「光の庭」の基本形を使います。繰り返し検討されてきた「寝姿が最高に美しいシルエット」

横たわった状態で着用するドレスなので、マネキンに着せたり、立って着ると、変なシルエットになってしまいます。写真に撮るのに苦労をします。

ベースドレスの素材は シルクの様な高貴な光沢を放つシャンタン。フォーマルに使われる素材です。

ベースドレスだけでも十分にエレガントです。

 

◆「モダンパール」

袖にコットンパールをたくさん配した、エレガントなドレスです。

ネックレスやベールなどコーディネートも楽しんでいただけます。

写真はコットンパールのネックレスを合わせてみました。(イヤリングもセットになっています)

2021824221524.jpg

「モダンパール 白」詳細は こちら

 

3つめのドレスはまた改めてブログでご紹介します。まずは写真だけでも。

「シンプルでプレーンなドレス」

<雅(みやび)>

202182422186.jpg

「雅(みやび)」詳細は こちら

/shop/products/detail.php?product_id=125

 

これでやっと「光の庭」に華やかなレースのドレスが ラインナップ出来ました。

それに合わせて、ベールなどのコーディネートも生まれています。また、紹介していきますね。

2021824222139.jpg

「庭苑 珊瑚色」詳細は こちら

 

髪を失くされても大丈夫な帽子<天の冠>

2021522184229.jpg

深く深くかぶることが出来る帽子をつくりました。

そして、フォーマルでエレガントな帽子。エピローグドレスを着用しても全く見劣りしないエレガントな帽子です。

<天の冠>と、名前を付けました。死装束の帽子としてデザインされ工夫された帽子

このマネキンも実はスキンヘッドです。でも、この帽子をかぶるとステキでしょ。

闘病で髪を失くされる方はとても多いです。また、高齢で髪が痩せてしまった方も多いです。女性ならではの悩みです。

深く、深くかぶることで、耳もモミアゲもすっぽりと隠れます。

気になっているところが、この帽子ですべて隠れます。

そして、エレガント。 ターバンのような気高い印象があります。

 

202152218180.jpg
2021522181838.jpg

 一番のポイントは、斜めのパーツ。これが動きます。

このパーツが帽子に固定されていないので、気になるところまでパーツを引っ張ることが出来ます。耳もすっぽり隠れます。

そして、おでこ部分のレースもポイント。取り外すことが出来ます。

前髪のつけ毛をすると、ご生前の印象に近くなる場合もございます。両面テープでつけ毛を帽子に貼ります。ちょっと奥の方にテープを貼ると自然な感じになります。

納棺師さんや葬儀社様に相談されると どうすれば良いか一緒に考えてもらえます。

 

お着物に合わせることが出来ます。ふつうのお気に入りの洋服に合わせる事も出来ます。

光沢を抑えたシャンタンという生地でフォーマルに使われる素材です。華美にならず、控えめでエレガントです。

帽子だけを光の庭で購入される方もいらっしゃいます。

 

光の庭では「人生を讃えるハレの衣装」を考えてデザインして、ご提供しています。最期を美しく見送りたい。見送られたい。というお気持ちに寄り添っていきたいのです。

今までも髪を失くされた方に向けて帽子などを、いくつも製作しながら考えていました。スカーフタイプも作ってみました。

やっと、これなら大丈夫という帽子が出来たのです。死装束の帽子としても、全く違和感がないのと、美しい。

着用される人をホントに美しく、きれいにみせてくれます。

2021522183929.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

美しいエンディングベールができました

 美しいエンディングベールができました。<珠のベール>です。


死装束にふさわしい綺麗なベールをつくりたいと、ずっと試行錯誤していましたが、やっとできました。

横たわった寝姿だから出来る この形のベール。新しいベールの形の誕生です。

202141920458.jpg

<珠のベール>と名前を付けました。ベールが丸くふっくらとお顔を包む形状が 真珠の「珠」のイメージです。
柔らかなチュール1枚でふんわりと、光を集め、光をまとい、光に包まれます。
お顔は綺麗にはっきりと見えて、チュールの効果で気品にあふれてさらに美しく感じます。
お顔回りを囲むレースもエレガントです。

 

 

 

8年前に「光の庭」ブランドをはじめてから、寝姿にピッタリなベールを考えて、いくつも試作を繰り返してきました。
最初に作ったベールは「真珠ライン」 お顔にのせるタイプのベールです。

20215814423.jpg

これを超えるベールは 難しかったです。
でも、立ち姿でつける「美しいウエディングベール」と同じように、寝姿でつかう「うっとりするような美しい死装束のベール」が他にも必ずあると思い、アイデアが見つかると試作を作っていました。

 

ここで、新しいベールとの出会いがあります。

<友人のお母様に贈ったベール>です。

202158163518.jpg

友人のお母様は「エピローグドレス真珠」を着用してくださいました。帽子とセットの柔らかなクリーム色のスーツドレスです。

エンディングベールは 私が手作りで思いを込めて縫い上げて、お届けしました。上の写真がそうです。

フランス製の幅の広いレースで作ったコンパクトなベールです。お顔のところには透けるチュールです。周りのレースが立ち上がり、お顔をつつみます。

皆様に レースに包まれたお顔をはっきりと見ていただけました。

ドレスを着用してベールを付けているお姿は、映画女優の様にエレガントで美しく、ご参列の方々に称讃いただきました。
ご生前のお母様がとてもおしゃれだった事や、美味しい料理をふるまっていた事など、お話が尽きることなく、にぎやかにお見送りできたと思います。

<お顔がきちんと見えるベール>は、着用されている方を、話題の中心にいたします。何度もお顔を拝見して心にお姿をきざみます。ホントに、うっとりするほど美しいお顔で眠られていました。
私もお母様のエレガントで美しいお顔が心に強く残っています。そして、出逢った時間を繰り返し思い出します。

お顔がちゃんと見えること。このベールが初めてでしたが素敵な効果が満載でございました。

そして、このベールの形は独特です。
お顔を包むようにレースで囲んでチュールを膨らませます。横たわった寝姿だからこそ出来ました、新しい形です。

 

このベールを贈ったことがきっかけで 生まれたのが「珠のベール」です。

「光の庭」の為のデザインで、超特急で撮影用サンプルを作り、今回のリニューアルに間に合わせてご提供できました。

 

202158143755.jpg

ドレス+帽子<アメジスト> 詳細はこちら

ベール<珠のベール>  詳細はこちら

 

 

普通、ベールと言えば、もちろんウエディングベールですよね。

ウエディングベールはすっと立っている状態で、頭のてっぺんにベールトップを載せます。

そこから地球の引力で広がり、ふわりと波打ち美しいシルエットを作ります。
ベール自体が流れるようなシルエットの美しさ。

動いて美しく、立ち姿が美しく、ベールアップとかの変化があり、ドラマティックです。
イロイロな距離で花嫁さんを見ますよね。入り口から入ってきて、バージンロードを通り、そして祭壇では後ろ姿をみせてくれます。いろいろな距離や角度で姿を拝見します。

そして長く裾をひくベールは圧巻でウエディングならではの美しさです。

 

一方で、「エンディングベール」には、動きはありません。

シルエットや遠近感などの変化はなく、全くウエディングとは違うのです。

「エレガントな美しいエンディングベール」はどうすれば出来るのか、考えて考えてずっと試作を繰り返していました。

贈り物がきっかけで、やっと出来た「珠のベール」

新作ドレスにも同じタイプのエンディングベールを考えることが出来ました。ベールとセットの愛らしいドレスが幾つも生まれました。

ベールセットドレス こもれび

 

「珠のベール」は ベールだけでも十分に印象的にお使いいただけます。


スーツやワンピースなどの私服を着用されても使っていただけます。

色にも制限がありません。ドレスの色を選ぶ事はありません。

202158145930.jpg


そして、お着物にも合わせていただけます・

仏教のご葬儀の場合、白いお着物を着用されることが多いと思います。

そのお着物にも似合うように作りました。

艶やかな振袖や、花嫁衣装にも合わせていただけます。

2021581505.jpg

 

ベールだけでも、十分に死装束として、気品と尊厳に満ちたお姿になります。

202158165330.jpg

ご相談があった例ですが、直葬用にベールを購入された方がいらっしゃいます。
着衣はパジャマで、首から下は布団の中ににいるので着替えないという事です。

ベールだけで十分に死装束として、気品と尊厳に満ちたお姿になります。とお伝えしました。

ホントにそう思っています。「光の庭」のベールは、きちんとした仕立ての品格のあるベールです。