ホーム>スタッフブログ>素敵ですね>故人のことを 会葬者に話します

【エピローグサロン光の庭】は横浜・平沼にあります。

素敵ですね

故人のことを 会葬者に話します

お通夜の時に渡された定型の会葬御礼のほかに 二つ折りのカードをもう一枚 渡されました。

この2枚目のカードには、妻の愛が溢れていました。

20193723547.jpg

 

お世話になっている先輩のご主人が ご逝去されました。

うかがったお通夜では、会葬御礼のカードのほかに、封筒にはもう一枚メッセージが印刷されたカードが入っていました。

そこには、ご主人が病気のために大好きな仕事を離れた事、それからの長い治療期間を二人で楽しく過ごしている事、

また、さらなる病気が発症して お身体が困難になっていく様子などが書かれていました。

先輩とは よくお会いしていたのに、ご主人のことは断片的にしか伺っておらず、このカードで近況を教えてもらったのです。

 

お通夜では泣きじゃくりながらも 会葬者一人一人と目を合わせてお礼を言っている先輩。

グッと胸が詰まります。

 

故人は外資系の会社で バリバリでお仕事をされていた方です。

若いうちに退職されてからは、「何か病気がちな様子だなんですね」と、ふんわりとおもっていました。

先輩のご主人への想いもしっかりと書かれており、帰りの電車でカードを読みながら、泣きじゃくっていた先輩のお顔が浮かびます。

 

定型の会葬御礼に添えられていた もう一枚のカードのおかげで、短い時間のお通夜でしたが 深く向き合えたように感じられました。

とても 素敵なカードのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hikarinoniwa.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/293