ホーム>スタッフブログ

【エピローグサロン光の庭】は横浜・平沼にあります。

スタッフブログ

横浜はバラの香り

2017510131241.JPG

横浜は「グリーンネックレス」という 都市緑化のイベント真っ最中です。

驚いたことに、「見事に咲いた花苗」をそのままたくさん土のあるスペースにミッチリと植えています。

土が無いところは、運んで花壇を作っちゃいます。

 

会社のすぐそばの「日本大通り」は、バラの香りに包まれています。深呼吸すると、クラクラするほどのたくさんの花です。

写真のようなポイントが 3Mおきにあるようなもの。

歩いても歩いても、目くるめくバラの花壇が続きます。

 

山下公園も、象の鼻パークも、大桟橋の入り口も花であふれています。

 

3月にイベントが始まったときはチューリップとパンジーでしたが、今はバラが満載。

人工的に密集して植えた花満載の花壇は、二度と見ることが出来ないほどの贅沢なしつらえです。

 

バラは横浜市の花です。だからバラなんでしょうか。ほんとに圧倒されます。

是非、体験していただきたいイベントです。

 

 

取材について

取材について

2017491534.jpg

主宰の杉下です。

雑誌や新聞、テレビなどの取材をたくさん受けています。

エピローグドレス「光の庭」を知ってほしいので、積極的に受けています。

 

「人生を讃えるハレの衣装、フォーマルの葬送」という、尊厳のあるお見送り。

言葉に出して言うと、「わかっていても、できていない事だわ」と、インタビュアーの方に言われます。

死装束は最後に身体がまとう衣装です。

お宮参り、七五三、成人式、結婚式など人生の節目を祝っていたのと同じように最期も人生を讃えたい。

その衣装があることを、皆様に知っていただきたいのです。

 

 

 

作家さんの作品 オートクチュール刺繍ーフィロザ美南さん

オートクチュール刺繍

2017324111755.jpg

 

フランスのオートクチュールで使われている手刺繍のテクニックで、パリに専門の学校があります。

パリコレなどでみる、壮麗な刺繍のテクニックです。

 

フィロザ美南さんは、横浜にアトリエを持ち活躍されている刺繍作家さんです。

パリに留学して実践のキャリアも積まれています。ご縁があって「光の庭」の刺繍をしていただきました。

お時間があるときにオーダーも受けていただけます。

 

今回の刺繍はコードやパールなどをあしらった、エンブレムのような刺繍は、とても立体的でエレガントです。

こちらは、母のために作ったハリウッドドレスのバックに仕立てました。

 

オートクチュール刺繍のテクニックはたくさんあります。大きく立体的に作れるのも特徴の一つです。

チュールレースを花のように作ったり、スパンコールで絵画のように刺繍したり、変幻自在。

 

いくつか「光の庭」のために、刺繍をしていただいています。バックなどの小物や、ドレスのポイントにお使いいただけます。

 

プロローグドレス①

201748172621.jpg

主宰の杉下です。

地域密着型の産婦人科様とのお話で、新生児のドレスを作るお話がありました。

そのお話の際に、セレモニードレスのようなドレスをいくつかお創りしています。

このドレスも、新生児用サイズですが、たっぷりのスカートを合わせて、とてもエレガントです。

レースが美しいドレスです。

201748172719.jpg

201748172746.jpg

最初に作ったドレス「百合」⑤

主宰の杉下です。

「百合」について話していると、まだまだ伝えたいことがあります。

2017331221615.jpg

足元です。

ドレスの裾は リバーレースなのでレースの形状のまま放たれています。アンダースカートがちゃんとありますので、足が見えることはありません。

右下から覗いているのは 布ブーツです。薄い中綿を入れて、足を包むようにいたします。

つま先部分に レースを縫いつけています。 足先まで美しくエレガントです。

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=92

 

最初に作ったドレス「百合」④

主宰の杉下です。

もう少し「百合」の話を続けたいです。

20173312257.jpg

肩を覆うケープです。

シャンタンという素材に 薄く中綿を入れて、ふっくらと作っています。

シャンタンは、もともとはシルクで作られる素材です。今はポリエステルで復元されていますけどね。

山蚕(やさん)という、屋外で暮らす天然の蚕が紡いだ糸は太くなったり細くなったりワイルドなんです。

その糸をを織り上げると、途中で急に太くなったような斑の盛り上がりのある生地になります。

絹の持つ内側から光を放つような光沢。フォーマルな素材として最高級なものです。

ポリエステルでコピーしたシャンタンを使って、美しいモールやレースを配して、コットンパールを載せました。

お顔回りを明るく、エレガントにいたします。

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=92

 

最初に作ったドレス「百合」③

主宰の杉下です。

今日も 百合の話をいたしましょう。

2017331215556.jpg

首元には 長くて美しいレースをたっぷりつけました。

横たわっていても、あごを覆い、唇の下あたりまで届きます。

首回りの傷も見えません。やせてしまった頬も分かりません。

美しい目元と、鼻筋、そして唇を引き立てます。

中世のマダムのような、凛とした美しさ。

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=92

最初に作ったドレス「百合」②

主宰の杉下です。

今日も、「百合」の話です。

2017331214931.jpg

 

ご遺族の方が、お着付けに参加できるドレスを作りたかったので、手元にリボン。

お母様やおばあ様に声をかけながら、「おばあちゃま、大好きだったわ」と、お孫様が結んであげることもできます。

御仕度を手伝うことは、大きな癒しにもつながる事。

手の甲を覆う美しいレースと手首のリボンで、美しく装わせてください。

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=92

 

最初に作ったドレス「百合」①

主宰の杉下です。

一番最初に出来たエピローグドレスが「百合」です。

すこし、百合の話をしましょう。

2017331212910.jpg

 

エピローグドレスを作ることを決めて、2年ほど、たくさん試作を作っていましたが、なかなか思うものができず、試行錯誤をしていました。

その時、「全身リバーレースのドレス」が作りたくなり、生地を探し始めると、イメージ通りのレースに出会いました。

そして、私の母を想いながらデザインすると、スルスルと絵が描け、あっという間にイメージが固まります。

最初のデザイン画とはだいぶ違ってきましたが、エピローグドレス第一号の「百合」が、出来上がったのです。

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=92

 

美しいエピローグドレスたち

光の庭 事務局です。

 

サロンには常に美しいドレスが展示されています。

やはりパンフレットやWEBでは伝えきれない素材の手触りや美しさは、
実際に見ていただきたい。

 

そんな想いからサロンをオープンいたしました。

今までもたくさんの方々にお越しいただいております。

お気軽にご家族やご友人とお立ち寄りください。

2017324114452.jpg

お待ちしております。

 

エピローグサロン 光の庭

〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町1-17-1パークビュー横浜503
0800-800-2243(フリーダイヤル)

toiawase@hikarinoniwa.co.jp

 

 

 

  関連記事


 ◆ オンラインショップ http://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/list.php