• スタッフブログ
  • インスタグラム
  • フェイスブック

通信販売

美しいエンディングベールができました

 美しいエンディングベールができました。<珠のベール>です。


死装束にふさわしい綺麗なベールをつくりたいと、ずっと試行錯誤していましたが、やっとできました。

横たわった寝姿だから出来る この形のベール。新しいベールの形の誕生です。

202141920458.jpg

<珠のベール>と名前を付けました。ベールが丸くふっくらとお顔を包む形状が 真珠の「珠」のイメージです。
柔らかなチュール1枚でふんわりと、光を集め、光をまとい、光に包まれます。
お顔は綺麗にはっきりと見えて、チュールの効果で気品にあふれてさらに美しく感じます。
お顔回りを囲むレースもエレガントです。

 

 

 

8年前に「光の庭」ブランドをはじめてから、寝姿にピッタリなベールを考えて、いくつも試作を繰り返してきました。
最初に作ったベールは「真珠ライン」 お顔にのせるタイプのベールです。

20215814423.jpg

これを超えるベールは 難しかったです。
でも、立ち姿でつける「美しいウエディングベール」と同じように、寝姿でつかう「うっとりするような美しい死装束のベール」が他にも必ずあると思い、アイデアが見つかると試作を作っていました。

 

ここで、新しいベールとの出会いがあります。

<友人のお母様に贈ったベール>です。

202158163518.jpg

友人のお母様は「エピローグドレス真珠」を着用してくださいました。帽子とセットの柔らかなクリーム色のスーツドレスです。

エンディングベールは 私が手作りで思いを込めて縫い上げて、お届けしました。上の写真がそうです。

フランス製の幅の広いレースで作ったコンパクトなベールです。お顔のところには透けるチュールです。周りのレースが立ち上がり、お顔をつつみます。

皆様に レースに包まれたお顔をはっきりと見ていただけました。

ドレスを着用してベールを付けているお姿は、映画女優の様にエレガントで美しく、ご参列の方々に称讃いただきました。
ご生前のお母様がとてもおしゃれだった事や、美味しい料理をふるまっていた事など、お話が尽きることなく、にぎやかにお見送りできたと思います。

<お顔がきちんと見えるベール>は、着用されている方を、話題の中心にいたします。何度もお顔を拝見して心にお姿をきざみます。ホントに、うっとりするほど美しいお顔で眠られていました。
私もお母様のエレガントで美しいお顔が心に強く残っています。そして、出逢った時間を繰り返し思い出します。

お顔がちゃんと見えること。このベールが初めてでしたが素敵な効果が満載でございました。

そして、このベールの形は独特です。
お顔を包むようにレースで囲んでチュールを膨らませます。横たわった寝姿だからこそ出来ました、新しい形です。

 

このベールを贈ったことがきっかけで 生まれたのが「珠のベール」です。

「光の庭」の為のデザインで、超特急で撮影用サンプルを作り、今回のリニューアルに間に合わせてご提供できました。

 

202158143755.jpg

ドレス+帽子<アメジスト> 詳細はこちら

ベール<珠のベール>  詳細はこちら

 

 

普通、ベールと言えば、もちろんウエディングベールですよね。

ウエディングベールはすっと立っている状態で、頭のてっぺんにベールトップを載せます。

そこから地球の引力で広がり、ふわりと波打ち美しいシルエットを作ります。
ベール自体が流れるようなシルエットの美しさ。

動いて美しく、立ち姿が美しく、ベールアップとかの変化があり、ドラマティックです。
イロイロな距離で花嫁さんを見ますよね。入り口から入ってきて、バージンロードを通り、そして祭壇では後ろ姿をみせてくれます。いろいろな距離や角度で姿を拝見します。

そして長く裾をひくベールは圧巻でウエディングならではの美しさです。

 

一方で、「エンディングベール」には、動きはありません。

シルエットや遠近感などの変化はなく、全くウエディングとは違うのです。

「エレガントな美しいエンディングベール」はどうすれば出来るのか、考えて考えてずっと試作を繰り返していました。

贈り物がきっかけで、やっと出来た「珠のベール」

新作ドレスにも同じタイプのエンディングベールを考えることが出来ました。ベールとセットの愛らしいドレスが幾つも生まれました。

ベールセットドレス こもれび

 

「珠のベール」は ベールだけでも十分に印象的にお使いいただけます。


スーツやワンピースなどの私服を着用されても使っていただけます。

色にも制限がありません。ドレスの色を選ぶ事はありません。

202158145930.jpg


そして、お着物にも合わせていただけます・

仏教のご葬儀の場合、白いお着物を着用されることが多いと思います。

そのお着物にも似合うように作りました。

艶やかな振袖や、花嫁衣装にも合わせていただけます。

2021581505.jpg

 

ベールだけでも、十分に死装束として、気品と尊厳に満ちたお姿になります。

202158165330.jpg

ご相談があった例ですが、直葬用にベールを購入された方がいらっしゃいます。
着衣はパジャマで、首から下は布団の中ににいるので着替えないという事です。

ベールだけで十分に死装束として、気品と尊厳に満ちたお姿になります。とお伝えしました。

ホントにそう思っています。「光の庭」のベールは、きちんとした仕立ての品格のあるベールです。

3世代目の装花を販売開始しました

20209820235.jpg

おまたせいたしました。装花ラリエットが通信販売にアップされました。

 

今回のお花は 3世代目になります。

毎回デザインがブラッシュアップされていきます。今回も愛らしい花のハーモニー。

アーティシャルフラワーという、テクニックで作られています。

 

大きさは今までと同じなので、首元にあしらったり、お手元に添えたり、同じようにお使いいただけます。

 

また、いろんなコーディネートの写真を増やしていきますので、待っていてください。

 

ラリエットを創作していただいた フラワーデザイナーの方もご紹介してまいります。待っていてくださいね。

202098203155.jpg

/shop/products/list.php?category_id=18

自然の素材で自然に還る蝋燭「セレクトショップをはじめました」

2018625211550.jpg

和ろうそくの原料は すべて自然由来です。

 

日本の材料を使い、すべて手作業で慈しまれて作られた和ろうそく。

大切な人におくるなら、人のぬくもりが感じられるものがいいと思うのです。

 

高澤ろうそくの「等伯」は 福岡県筑後で採れた櫨(はぜ)から作られています。

ウルシ科の櫨は、日本固有の植物で、櫨の実から採れるロウはジャパンワックスと呼ばれています。

沖縄から九州に渡り 品種改良されましたが、年々撮れる量も減ってきています。

 

櫨の採取から、ロウを取り、和ろうそくをつくる、すべての作業がひとつひとつ職人の手作業です。

この和ろうそくは 次の世代の為に作られた、「灯すためのろうそく」

和紙とイ草から作る芯は、しっかりとロウを吸い上げ、大きく揺らぐ炎をつくります。

 

2018626163519.jpg

 

 

「等伯」は、七尾が生んだ安土桃山時代の画家 長谷川等伯の名前です。

狩野派と並び 2大流派となった長谷川派の長として活躍しました。

千利休と交流があり、たくさんの水墨画を描いています。七尾の海岸沿いの松林を描いたと言われれる国宝「松林図屏風」もその一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい造形の和ろうそく「セレクトショップを始めました」

2018621183252.jpg

「和ろうそく」って、どんなろうそく?

 

この問いかけに 頭に浮かぶイメージは、時代劇の中のロウソクのイメージ。

お座敷の中のすくっと伸びた肩くらいの高さの燭台に、ドスンとした太いロウソクが燃えている。

もしくは、手に燭台を持ち、シンプルなロウソクが燃えていて、真っ暗な廊下を歩いているイメージ。

 

いずれも、生活の中の照明としての 働くロウソクですね。

 

そして電気が照明として使われるようになり、安価な石油が原料の洋ロウソクが主流になります。

和ろうそくは 仏壇や神社仏閣に寄り添い、花の代わりに絵を描いたロウソクなどが生まれていました。

 

そして今、ロウソクの大きな役目に「癒し」があります。

 

和ろうそくの力強い炎の揺らめきには、焚き火や暖炉の炎が持つ、大きな癒しの効果があります。

それは、ゆらゆら揺れる炎に宿る癒しの効果、1/fゆらぎです。

洋ロウソクの炎より、大きく力強く揺らめく和ろうそくは、より、「炎の癒し効果」が高まります。

 

和ろうそくを 美しい造形でつくりあげた 高澤ロウソクの「ななお」シリーズ。

現代の生活の中で、すてきなインテリアとしても、存在します。

大きく揺らぐ炎と造形の美しさから、海外でも人気の「ななお」シリーズです。

 

お別れの会のおくり物や、返礼品。

また、訃報が届いた時のお気持ちとしてお送りいただけます。

 

20186211901.jpg

エピローグサロン「光の庭」通信販売 ろうそく

/shop/products/list.php?category_id=55

 

和ろうそく詰め合わせ「セレクトショップをはじめました」

201862014477.JPG

エピローグサロン「光の庭」の通信販売では、ドレスのほかに、「光の庭」がセレクトしたお品物を販売いたします。

 

まずは 第一弾。「和ろうそく」

 

明治25年創業の 高澤ろうそくは 石川県七尾市にございます。

この高澤ろうそくの作り出す「和ろうそく」は、伝統の技術と現在のデザイン力が作り出す、新しいキャンドルです。

 

 

今回、ご紹介するのは、「菜の花ろうそく」

菜の花の菜種油から つくりあげた和ろうそくです。

 

菜の花畑にわたる風や、ぽかぽかの春の日差し、蜜を求める蜂や蝶の訪れを感じる柔らかな黄色のロウソク。2018620204111.jpg

 

ロウソクたてと、ロウソク消しをセットにしたので、すぐにお使いいただけます。

和ろうそくの瞬くような炎は、優しく心をほぐしてくれます。

 

お別れの会のおくり物や、返礼品。

また、訃報が届いた時のお気持ちとしてお送りいただけます。

 

エピローグサロン「光の庭」通信販売 ろうそく

/shop/products/list.php?category_id=53