ホーム>スタッフブログ>新商品

【エピローグサロン光の庭】は横浜・平沼にあります。

新商品

美しい死装束ベールができました

202141920458.jpg

 

美しいベールができました。<珠のベール>です。

死装束にふさわしい綺麗なベールをつくりたいと、ずっと試行錯誤していましたが、やっとできました。

寝姿だからこそ、出来るこの形のベール。

 

<珠のベール>と名前を付けました。ベールが丸くふっくらとお顔を包む形状が 真珠の「珠」のイメージ。柔らかなチュール1枚でふんわりと、光を集め、光をまとい、光に包まれます。

 

8年前にブランドをはじめてから、寝姿にピッタリなベールを考えて、いくつも試作を繰り返してきましたが、最初に作った「真珠ライン」を超えるベールにはなかなかたどり着きませんでした。それでも、必ず「立ち姿が美しいウエディングベール」と同じように、「うっとりするような美しい死装束のベール」があるはずと思い、アイデアが見つかると試作を作っていました。

今回出来上がった、<珠のベール>は、大切な友人のお母様に贈るために手作りしたベールが デザインの気づきになりました。そしてやっと思い描いていた「うっとりする様な美しい死装束のベール」が出来上がったのです。

 

このベールには、たくさんのアイデアが詰まっています。

202158163518.jpg

 

ベールのレースに囲まれたお顔は、はっきりと見ていただけます。今でも印象深く思い出すことが出来ます。ドレスを着用してベールを付けているお姿は、映画女優の様にエレガントで美しく、ご参列の方々に称讃いただきました。次々にご生前のお母様がとてもおしゃれだった事や、美味しい料理をふるまっていただいた事など、お話が尽きることなく、にぎやかにお見送りできたと思います。

<お顔がきちんと見えるベール>は、着用されている方を、話題の中心にいたします。何度もお顔を拝見して心にお姿をきざみます。ホントに、うっとりするほど美しいお顔で眠られていました。私もお母様のエレガントで美しいお顔が心に強く残っています。そして、出逢った時間を繰り返し思い出します。

 

そして、ベールの形が独特です。お顔に乗るベールではなく、お顔を包むようにレースで囲んでチュールを膨らませます。寝姿だからこそ作ることができた、新しい形です。

最初は贈り物として作ったベールでしたが、求めていたイメージがはっきりとつかめました。

光の庭として販売できるベールを試作し、みるみるうちに完成しました。先行していたドレスの撮影にも間に合いました。今回の新商品のアップに間に合いました。

やっとできました。本当にやっとできました。

この美しいベールをつくることが出来て、本当によかったです。

202158143755.jpg

このベールにいきつくまで、試行錯誤の連続でした。もともと、死装束のベールはどこにも存在していないものです。だからこそ、納得できるものを作りたかったのです。

普通、ベールと言えば、もちろんウエディングのベールが一番に思いつきますよね。

ウエディングベールは立っている状態つけます。頭のてっぺんから地球の引力で下に引っ張られ、キレイに波打ち美しいシルエットを作ります。ベール自体のシルエットの美しさが着ている方を映えさせます。

動いて美しく、立ち姿が美しく、式の最中にもベールアップの変化があり、ドラマティックですよね。そして、イロイロな距離でドレスを着ている花嫁さんを見ますよね。広い式場の遠い入り口から入ってきて、バージンロードではすぐ横を通り、そして祭壇では後ろ姿をみせてくれます。いろいろな距離や角度で拝見します。

長く裾をひくベールも圧巻でウエディングならではのエレガントな美しさです。

 

一方で、「寝ているときにつけるベール」には、動きはありません。

シルエットや遠近感でも布の変化はなく、全くウエディングとは違うのです。「エレガントな美しいベール」をどうすれば出来るのか、考えて考えて試作を繰り返していました。

まずは白い四角い布をお顔に乗せるのを、ベールにイメージして考えてみました。ドレスに合うデザイン。そう考えて最初にデザインしたのが「お顔のベール 真珠ライン」です。

20215814423.jpg

お顔ははっきりわかりませんが、ボンヤリ透けています。そして光沢のあるオーガンジーで、光感を与えて、立体感を感じさせます。歩いて近づくときに、ベールに光の揺らぎを感じます。あのベールの持つ「ドラマティックな印象」をまず生地で表現しました。

そして、2枚目の生地は透けるチュールです。ここにパールのライン刺繍を施しました。日本の職人さんが一枚ずつ手刺繍をしました。このベールはウエディングベールをつくっている会社とのコラボになります。パールの華やかさが気品をあたえています。<お顔のベール真珠ライン>の完成です。

死装束のベールとして最初の「ドラマティックでエレガントなベール」が誕生しました。

 

その次に、登場したのが「オーバーベール」です。

202158145611.jpg

 

「1m四方ほどの、美しいベール」なので、上半身にゆったりとかけていただけます。大きなスカーフほどのオーバーベールは、葬儀や供養の中でいろいろなシーンにお使いいただけます。納骨まで祭壇の骨壺にかける方がいらっしゃいます。ペットの最期のご供養にこのきれいなベールで包まれる方もいらっしゃいます。品格と尊厳のあるお見送りに使っていただける美しいオーバーベールです。

 

 

この珠のベールは ベールだけでも十分に印象的にお使いいただけます。もちろん、前もって用意されていたスーツやワンピースなどの私服を着用されても使っていただけます。

色にも制限がありません。白、ピンク、パープルなど、ドレスの色を選ぶ事はありません。

202158145930.jpg

 

 

そして、お着物にも合わせていただけます・

白い経帷子。仏教のご葬儀の場合、白いお着物を着用されることが多いと思います。

そのお着物にも似合うように作りました。

振袖や、花嫁衣装にも合わせていただけます。

 

2021581505.jpg

 

ベールだけでも、十分に死装束として、気品と尊厳に満ちたお姿になります。

202158165330.jpg