ホーム>スタッフブログ>家族カテゴリを追加

【エピローグサロン光の庭】は横浜・平沼にあります。

家族カテゴリを追加

吊るし雛

2018223225013.JPG

どうしてこんなに可愛いのかよ~~~♪♪♪

 

スタッフが夏に生んだ女の子の初節句です。

何故か、初孫気分です。血は繋がっていません。でも、そうなんです。すっかりその気なんです。

そして、ず~~と心に決めていた お雛様の飾りを贈りました。

そしたら、こんなに素敵な写真がすぐに送られてきて・・・・・・幸せです。

 

吊るし雛には、アイテムひとつひとつに込めた想いがあります。ホントに幸せになってほしいわ!

 

白寿のお祝い

201822311417.jpg

私の祖母は 2018年に100歳になります。

昨年の夏に「白寿」のお祝いをホテルで行ないました。

とても元気で、うれしい限りです。

5人の子供に恵まれ、孫も曾孫もたくさん参加しました。こういう集まりはホントにうれしいですね。

 

叔父がこんな話をしてくれました。

戦後、まだ若い祖父はシベリア抑留になり、復員がずいぶんと遅れたそうです。

祖母は祖父が戻るまでの間、夫の田舎になる千葉の農家に 小学生の低学年の子供二人と身を寄せていました。

慣れない農家の仕事を一生懸命にしていたそうです。この子供は私の母と、この話をしてくれた叔父です。

 

ある日、畑の向こうに復員兵が立っていて、「お父さんが帰ってきた!!」と子供二人が駆け出していきます。

そして、あとから夫に向かって駆け出した祖母は、ついに子供たちに追いつき追い越し、一番に夫に駆け寄り、「かじりついていた」のです。

叔父が言ったこの言葉で どれだけ夫の帰りを待っていたのかを想います。ドラマのようなシーンが浮かびます。

この後、3人の子供が生まれて、母の兄弟は5人兄弟になったのです。

 

5番目になる末の妹が、沖縄でテキスタイルデザイナーをしています。

沖縄の材料を使った生地開発もしています。

ハイビスカスの繊維から作った生地。

叔母が作ったこの生地で 祖母のエピローグドレスをつくりました。

ハイビスカスのもつ「死後の幸せを願う花」の意味がわかった時には驚きました。
娘と孫の作ったエピローグドレスを着てほしい。と、用意しています。