ホーム>スタッフブログ>光の庭への想い

【エピローグサロン光の庭】は横浜・平沼にあります。

光の庭への想い

花は咲く 初めての死装束

渡辺貞夫さんのコンサートで、必ず演奏されている「花は咲く」

東日本大震災のチャリティソングなので、いろんなところで演奏され、よく知っている曲だと思います。

 

ナベサダさんのコンサートは世界のトップジャズマンか集結したカルテットで、ツアーごとに参加メンバーが変わり、アレンジも変わります。

2017東京JAZZの時は、最初のピアノのイントロが長く、煌めくような美しいアレンジでした。

昨日のRE BAPツアーのアレンジは、しっとりと歌い上げるような演奏でした。

 

20171291745.JPG

ナベサダさんの「花は咲く」の演奏を聴きながら、初めて気が付いたのは、東北の震災の時に「最初の死装束」を作っていたことです。

まだ、震災から1週間か10日ほどだと思います。

Tシャツなどを作っているアパレルの知り合いが インターネット上にアップしていた情報です。

<被災地から頼まれたもの>

・ホテルなどでもらえる 櫛やヘアブラシ

・サンプルや使わないファンデーション、口紅

・風呂敷ほどの大きさで白い布 真ん中に頭が通るほどの十字の切り目を入れてほしい

などなど

他にもあったと思いますが、上記はご遺体に必要なものとしてありました。

 

ご遺体袋の中は、着衣を全部脱がして、衣服は外に置いているそうです。

洋服は身元確認の重要な情報なので、泥を洗い落として置かれたようです。

お顔の確認のために、袋の口をあけると裸体のままのご遺体と対面することになります。

せめて見える肩周りだけでも、白い布で暫定的に覆ってあげたいという、ご要望でした。

 

会社にある白い生地を1mほどの四角に切り、ドンドン十文字に真ん中をカットしていきます。

あの時の日本中の人は、「何か自分にできることはないか」という気持ちでした。

自分たちが出来る事を教えてもらって、必死で作っていたのを思い出しました。

 

まだ、死装束の事は頭にあっても、どうしていいか全く手つかずの頃。

具体的なデザインも何もない頃でした。

あの、四角い布もそういえば死装束という事になるわと、

「花は咲く」の曲を聴きながら、あのころを思い出しているときに気が付きました。

私が最初に作った死装束です。

 

 

 

 

最初に作ったドレス「百合」⑤

主宰の杉下です。

「百合」について話していると、まだまだ伝えたいことがあります。

2017331221615.jpg

足元です。

ドレスの裾は リバーレースなのでレースの形状のまま放たれています。アンダースカートがちゃんとありますので、足が見えることはありません。

右下から覗いているのは 布ブーツです。薄い中綿を入れて、足を包むようにいたします。

つま先部分に レースを縫いつけています。 足先まで美しくエレガントです。

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=92

 

最初に作ったドレス「百合」④

主宰の杉下です。

もう少し「百合」の話を続けたいです。

20173312257.jpg

肩を覆うケープです。

シャンタンという素材に 薄く中綿を入れて、ふっくらと作っています。

シャンタンは、もともとはシルクで作られる素材です。今はポリエステルで復元されていますけどね。

山蚕(やさん)という、屋外で暮らす天然の蚕が紡いだ糸は太くなったり細くなったりワイルドなんです。

その糸をを織り上げると、途中で急に太くなったような斑の盛り上がりのある生地になります。

絹の持つ内側から光を放つような光沢。フォーマルな素材として最高級なものです。

ポリエステルでコピーしたシャンタンを使って、美しいモールやレースを配して、コットンパールを載せました。

お顔回りを明るく、エレガントにいたします。

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=92

 

最初に作ったドレス「百合」③

主宰の杉下です。

今日も 百合の話をいたしましょう。

2017331215556.jpg

首元には 長くて美しいレースをたっぷりつけました。

横たわっていても、あごを覆い、唇の下あたりまで届きます。

首回りの傷も見えません。やせてしまった頬も分かりません。

美しい目元と、鼻筋、そして唇を引き立てます。

中世のマダムのような、凛とした美しさ。

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=92

最初に作ったドレス「百合」②

主宰の杉下です。

今日も、「百合」の話です。

2017331214931.jpg

 

ご遺族の方が、お着付けに参加できるドレスを作りたかったので、手元にリボン。

お母様やおばあ様に声をかけながら、「おばあちゃま、大好きだったわ」と、お孫様が結んであげることもできます。

御仕度を手伝うことは、大きな癒しにもつながる事。

手の甲を覆う美しいレースと手首のリボンで、美しく装わせてください。

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=92

 

最初に作ったドレス「百合」①

主宰の杉下です。

一番最初に出来たエピローグドレスが「百合」です。

すこし、百合の話をしましょう。

2017331212910.jpg

 

エピローグドレスを作ることを決めて、2年ほど、たくさん試作を作っていましたが、なかなか思うものができず、試行錯誤をしていました。

その時、「全身リバーレースのドレス」が作りたくなり、生地を探し始めると、イメージ通りのレースに出会いました。

そして、私の母を想いながらデザインすると、スルスルと絵が描け、あっという間にイメージが固まります。

最初のデザイン画とはだいぶ違ってきましたが、エピローグドレス第一号の「百合」が、出来上がったのです。

https://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=92

 

クライアント様のフロントにて

光の庭 スタッフです。

20161026114623.jpg

会社のイメージPVを見ながら何やら楽しそうです。

何か閃いたのかな。

小さな情報もキャッチして、デザインに反映させるのです。

グリーフケアという言葉をご存じですか?

かつて、天野祐吉さんや藤圭子さんが、葬式というセレモニーが無いままという

報道がありました。

どちらもご本人の遺志ということで ご遺族が尊重してそのように取り計らったと

報道されています。


この報道で、あらためて「葬儀」ということを考えました。
2016103144937.JPG

ご遺体が遺骨になって家に戻ってきた時、遺族は大切な人を亡くした事と日常の中で

向き合っていきます。


遺族の悲しみや喪失感を癒すのは、「日にち薬」といわれる時間だけではありません。

想いや気持ちをいろんな方と共有して、癒していく事も大切だと思っています。



私は19歳の時に父と死に別れました。父は突然死でした。

週末の朝、倒れたまま即死と判断され救急搬送もされず、自宅で死亡確認がされました。

そのまま、町内会に教えてもらった葬儀社に連絡をし、自宅で通夜、葬儀会場での葬儀が

執りおこなわれ、慌ただしい1週間が過ぎていきました。


思考回路は停止し、泣くことも出来ず、呆然とたくさんの人が出入りして事がすすんでいくのを

観ていたように思います。


その時間の中でとても印象的なのが、会葬して下さった方々が話してくれた父のことです。

父の年賀状でしか知らない大学時代の友人から、スキーに夢中だった話を聞き、

職場の部下の方からは「仏の○○さん」呼ばれて頼もしい上司だったことを教えてもらい、

父の叔母からは父が生まれたときに家族がどれだけ喜んで長男の誕生を

祝ったかを話してくれました。

 


両 親の結婚当時まだ小学生だった私の叔母(母の妹)を、男兄弟しかいなかった父は

初めてできた妹として、とても可愛がっていた事、母の弟3人(私の叔父)は

カッコイイ兄貴が出来たことがとても嬉しかった事など、

お通夜の時間、火葬場での待ち時間にいろいろと話してくれました。


生き生きとした父の人生。

私の中の父とは、また全然違う父を知ることが出来ました。


私には葬儀が終わってからの1週間の記憶がありません。

寝込んでいたそうです。


母もまた、何も受け止められない不安定な精神状態だったのでしょう。

大黒柱の父を亡くした42歳の母を心配して、祖母が1ヶ月ほど滞在してくれました。


祖母と母と兄弟と、父の話をたくさんしました。

ホントにたくさんしました。


新しく知った私の知らない話も、あらためて母や祖母からも聞きました。

同じ想いを共有しているので、遠慮も何もなく、怒ったり、泣いたり、笑い転げたりしながら

父のことを家族のことをたくさん話したと思います。

 


ファザコンでしたので、父が大好きでした。

でも、父を失ったという感覚が私にはありません。


いまでも父への想いで心は満たされています。

それは、葬儀の場でたくさんの人から教えてもらった生き生きとした父の人生が

あるからだと思います。

そして、父への想いを家族で共有できた、たくさんの話し合いがあったからです。




50歳という働き盛りで逝ってしまった父の葬儀はホントにたくさんのご会葬をいただきました。

会社関係、友人、弟のボーイスカウトの関係、近所の方、親戚縁者・・・・

いろんな方が送って下さいました。


まだ学生だった娘には、ほとんどが知らない方ばかりですが、それが父の生きてきた世界なんだと

感じていました。


2016103145131.JPG

私は、大切な人を送るときは、是非「葬儀をして欲しい」と思っています。

葬儀をされる本人よりも、残される人にとって必要な時間だと考えています。

棺の蓋が閉まる時、その人と共に歩んだ時間が終わることを知ります。

そして、次の時間に向かって歩み出さなければいけないのです。

そのための起点になるのが葬儀です。
 


また、私の人生の中で出会ったたくさんの方達。

そのお別れの場の葬儀に是非行きたいのです。


「ありがとう。」と伝えたい。

そして、どんな付き合いだったか遺族の方に伝えたい。

「素晴らしい人だったのよ」って。


なので、私は直接ご縁が無かった方の葬儀にはほとんど伺うことがありません。


葬儀は 残された人達のためにあるのです。

宗教がある人は宗教の儀式で。

無宗教だとしても、お別れの儀式として葬儀を考えて欲しいです。



「葬儀は残された人達のためにあること」を覚えておいて欲しいのです。

これから死ぬ人は、簡単に「葬儀はしない」という選択を遺族に与えないで下さい。

故人の想いを叶えたいのが遺族です。

そう言われてしまっては やりたくても出来ないじゃないですか。

 


「義理の会葬を回避するために葬式をしない」
 

「家族が知らない人ばかり来ても可哀そうだからやらない」ということなら、

生きている今、事前に葬儀社と相談してみる事をお勧めします。


ちゃんとした葬儀社なら、いろんな方法を一緒に考えてくれます。

分かり合える葬儀社を探して何軒も聞いてみたり、友人の口コミなどで

探してみたりできるのは、急いでいない今だからです。



また、どうすれば良いのかを、私も貴方と一緒に考えて、お手伝いする事が出来ます。

想いを整理していけば、漠然としている事がはっきりと見えてきて、愛する人達にとって

最適な方法を考えて行動することが出来るようになっていきます。

 

  関連記事

 ◆ オンラインショップ http://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/list.php 



 

エピローグサロンをつくる その3

201610314344.jpg

<安心の人生の最終章をすごしたいのよ>

最初は死装束のドレスをつくりたくて考えてきたエピローグサロンでしたが、

お客様の考える先にあるのはドレスだけではないことがわかってまいりました。

その最期にむかって、やれることはほんとにたくさんあります。

 

様々な心配事がたくさん詰まっているのがエピローグ(最終章)の時期です。

「老後」といわれるのか、「人生の最終章」ととらえるのかで人生の輝きが違ってきます。


 

家族に負担をかけたくない。

一人だけど、きれいに旅立ちたい。

いろんな想いを解決できる情報を集めて、一緒に検討し解決できるサロンになってまいります。

 

私も税理士や司法書士の先生方が開催するセミナーにも積極的に参加いたしました。

相続、遺言、介護などを法律に基づいた情報を学んできました。

お客様のお話に、井戸端会議のような根拠のないご提案をするわけにはいきません。

そして、今でも情報を集め続けています。

 

たとえば、先に肉親を送ったことがある人は、なおさら最終章の準備をしていないと

大変な事がわかっています。

身体の事、お金の事、様々なことがままならず、家族のサポートなくしては暮らせない世代を

送った人はなおさらです。

介護保険ができる前は家族の力がすべてでした。


 

延命治療にしても、家族に判断を任せるにはつらい場面もたくさんあります。

せっかく「ころり信仰」をしていても、倒れていれば救急車を呼んでしまうのが人情で、

そこから過酷な延命治療が始まることもあります。


 

一昔前なら、医療がここまで進んでいなかったので、特に本人の意思を家族に伝えなくても

そのまま逝けたのです。

自分の身体に対しては、そして命に対しては、どうしてほしいのでしょうか?

ちゃんと伝えておきましょう。

 

核家族化がすすみ、一人で老後の時間を暮らす人がとても増えました。

いつ、転んで動けなくなるかもしれない。

知らないうちに認知症になっているかもしれない。 

そんなことを心配しながら暮らしていく事は楽しくありません。


 

最期までの資金と思っている貯蓄を認知症で無くしてしまったらどうしよう。

成年後見ってあるけど、いつから、誰にお願いするのかしら・・・・・

ホントに、わからないですよね。


 

一人暮らしの最期をきちんと始末したい、と考えている人は、葬儀、埋葬、財産の処分、

荷物の片づけなどをすべて引きうけてくれるシステムもあります。

いまはそのような事にも対応できる会社やNPOが出てきました。

一緒に検討しましょう。

 

心配なことは一つ一つ解決していきましょう。

それに関しては、早いことも、遅いこともありません。

今決めて30年後に使うこともあるんです。

 

最期は施設に入りたいと考えていれば、40代からの資金計画も必要です。

たとえば今は不動産を購入してそこに住んで、その後は売却して施設の資金にする計画。 

そのためにどのように資金計画を立てて行けばいいのでしょうか。

やみくもに節約していても、今の時間が辛いだけで、どこまで貯めればいいのかもわからず不安。

そういう時はファイナンシャルプランナーのプロに相談します。

 

家族に相続のことで苦労を掛けたくないと思えば、生前からいろいろと

相続に関しての対策もあります。

そういうことは税理士さんと相談できます。

 

自分でできる事、弁護士や司法書士に頼まなくてはいけない事、新たなサービスとして

次々と生まれてくる組織も、ちゃんと検討して考えられます。

 

何がわからないのかも、何から始めればいいのかもわからない場合は、

一緒にエンディングノートを記入しましょう。

自分の人生を見直して、次に進む事が出来ます。

それから考えれば大丈夫です。

 

ここには、そのためのプロやサービスの情報が集められているのです。

 

「エピローグサロン光の庭」は、かつて老後といわれた時代を、

前向きに積極的に暮らしやすくしていくためのサロンなのです。

 

老後という言葉はいりません。

音楽や小説のように、人生の最終章の始まりです。

 

自分の人生を 光あふれる明るく幸せに満ちたものにするためのサロンです。

 

 

  関連記事

heartエピローグサロンをつくる その1


heartエピローグサロンをつくる その2


 

 ◆ オンラインショップ http://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/list.php 



 

エピローグサロンをつくる その2

光の庭 代表 杉下です。
 
 
2016927135946.jpg

 

<人生の最終章は希望がたくさん溢れているのよ>

エピローグドレスをオーダーして頂くためのサロンですが、ドレスだけではなく、

様々な試みもしていきたいと考えていました。

 

最初はドレスを用意するのと同時に、お別れに際して必要なモノをリストアップしていきます。

 

・ドレスと共に装花やアクセサリーも選んでいきたい。

 

・晴れやかに笑っている写真を遺影として用意したい。

 

・私の葬儀に来てくれた人に、あなたと知り合えてどれだけ幸せだったかを

ありがとうと伝えたい。


 

それを映像で流したい。

 

・納骨のあと、あらためて、親しかった友人に届くようにお礼状を送りたい。

 

・私が亡くなったときに残された人がいろいろと困らないようにエンディングノートを

記入しておきたい。

 

 

サロンのオープンを決めたときは、このように、ドレスを着用する場面で必要なモノを

考えていました。


 

写真や映像は、今まで一緒にやってきたプロのカメラマンやヘアメイクにお願いできますし、

お礼状のセッティングなどにもいろんなアイデアがあります。

それで、美しいエピローグを考えていけると思っていたのです。

ウエディングドレスを選ぶサロンと、それを演出をするところと

あまりかわらない感覚だったのです。

 

私のつくるドレスは個人のお客様が対象なので、情報は一般の人の雑誌やテレビなどで

伝えたいと思っていました。

その上でお客様と直接お話をして、ドレスを製作して納めます。

 

でも実際はこのドレスを着用するときに圧倒的にお世話になるのが、葬儀社です。

 

亡くなる前にあらかじめ死装束を用意する事は、実際はほとんどありません。

亡くなったあとにご遺族が葬儀社の用意してくれたカタログから、

棺桶や骨壺と一緒に選びます。

もしかしたら、その他一式でセットになっていて、実際に

死装束を選ぶこともないかもしれません。


 

または、お手持ちの衣類の中から着せてあげたい服を選ぶこともあるでしょう。

 

実際はどのようにすすんでいるのか、葬儀社に頼んでしばらく研修をさせてもらおうかと

悩んでいたところ、葬儀業界の研修がありました。


 

「葬儀の事前相談」に関するセミナーです。

 

葬儀のプロの人が受ける研修です。

 

私のドレスも事前に用意するモノですから、そこに何らかのヒントがあると感じました。

 

 

セミナーを受けて思ったことは、葬儀社自体がまだ事前相談に慣れていないので、

お客様にもセットプランを提案する消極的な言葉しか言えないのです。


 

それなら、生きている本人がプランを選ぶのか、

亡くなったあとに遺族が選ぶのかだけの違いです。

 

また、葬儀をお願いする方も知識が少ないので、「このあたりの無難なもので」とか、

「恥ずかしくないようにこのあたりのプランで」と、大半の人が選んでいるのでしょう。

 

自分らしい葬儀をしたい。

埋葬も夢があって・・・・と思っていても、情報が無 く、判断することも出来ない状況で、

どのように葬儀社に伝えればいいのか、困っているのでしょう。

もしくは、本人は周りに言うだけ言って亡くなってしまう ので、

ご遺族がバタバタと時間のない中、要望に添う葬儀を試みるのでしょう。


 

どうすれば前もって本人が葬儀や埋葬の準備をすることが出来るのでしょうか。

 

ドレスとは離れていきましたが、新たな課題に出会うことになりました。

 

私は以前、友人の石材店が展開する手元供養のプロデュースを手伝っていまし た。

 

そして埋葬に関して樹木葬や海洋葬、宇宙に葬るなど、本やインターネットで調べ、

展示会にも行き、明らかに今までの日本と葬儀や埋葬の意識が

変わって きていることを感じていました。


しかし、その情報を集めることがとても大変でした。

私は仕事なので日中の大半を使って本を読み、ネットで調べ、

地方に出張に行くことが出来ます。


 

ですから、普通の生活の中で情報を集めることが、どれだけ大変な事かわかります。

まして、パソコンを使わず、本や雑誌、新聞や広告に頼っていては

見つけることも並大抵ではありません。

 

葬儀や埋葬なども含めた自分のエピローグ(最終章)を考えていったときに、

実は誰でも最期のドレスだけを考えている訳ではありませんでした。


 

エピローグドレスを前もって用意するほど意識の高い人は、

すべてのことに関して、準備をしていくでしょう。

そして、その情報はなかなか見つけるのが難しいのです。


 

それなら、このサロンに情報を集めて、いろいろと選んで考えられるようにしたいと決めました。

 

いよいよ「エピローグサロン光の庭」の、構想がまとまってきました。

 

<エピローグサロンをつくる その3>につづく

 

  関連記事

heartエピローグサロンをつくる その1
 

heartエピローグサロンをつくる その3

 

 ◆ オンラインショップ http://www.hikarinoniwa.co.jp/shop/products/list.php