ホーム>スタッフブログ>母の為に作ったブラウス「rakusode楽袖」①

【エピローグサロン光の庭】は横浜・関内にあります。

スタッフブログ

母の為に作ったブラウス「rakusode楽袖」①

201843194643.jpg美しいブラウスをつくりました。

楽袖ブラウスです。

リウマチの母が自分で脱ぎ着出来るブラウスが 市販のものでは難しく、イロイロと試行錯誤をして、2年の歳月をかけて作りました。

製作の過程でわかったのは、ちょっと身体が大変な人の「洋服」の選択肢は 機能性が優先しスポーツウェアのようなものが当たり前になっていることです。

機能性を追い求めると、美しい洋服が置き去りになる事が良くあります。

 

このブラウスを製作するときに、まずは、「美しいブラウス」であることが重要でした。洋服として、とても大切なことです。

身体のどこかがちょっと不自由でも、オフィスに仕事にも行きますし、友人とレストランにも行きます。

当たり前の日常生活があるのです。

なので、ササッと着られる美しいブラウス。

それだけで世界ががらりと変わります。

 

このブラウスの一番の特徴は、大きなアームホールです。腕がするりと通せます。前向きにしか腕が伸ばせなくても着られます。

ドルマンスリーブという名前の袖で、繰り返しファッションの流行に登場するエレガントな袖です。

20184320751.jpg

このゆったりした大きなアームホールは、よく伸びるセーターを着るときのように、肘がするりと通り 手がスッと袖に入ります。

そして、肩からの傾斜が絶妙に美しいシルエットラインを作る型紙は、サンプルを何回も作って最適な角度を見つけました。

この美しい背中は 痩せている人もぽっちゃりしている人も同じです。

モチロン、この上から普通のカーディガンも着られますし、スーツのジャケットも着用できます。

201843202324.jpg201843202354.jpg

楽袖ブラウス 通信販売

http://rakusode.fashionstore.jp/

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hikarinoniwa.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/272