ホーム>スタッフブログ>2018年4月

【エピローグサロン光の庭】は横浜・関内にあります。

2018年4月

バターを塗る

ネットの記事の中に、産経新聞への投稿が紹介されていました。

産経新聞大阪版、夕刊一面で毎日連載中。一般の方から寄せられた600字のエッセー『夕焼けエッセー』

「家族の為にバターを塗る」という行為が、幸せな家庭、家族を愛するご主人を感じさせて、たまらなくなった。

どこの家庭でも、日常の中の景色で必ずある行為が、突然無くなってしまう事。

何気ない事が とても大切だと、教えてもらったエッセイです。

2018416153316.jpg

 

 

 

バターを塗る

横浜に住む次男は盆と暮れには毎年家族と一緒に帰省してくれる。

わが家の朝食はパンときまっている。彼の奥さんや二人の娘が朝食を用意し、パンが焼けると息子の出番だ。

彼はホイホイとやってきて真剣な眼差まなざしで家族のためにバターを塗る。

夏の朝のあふれる光や、お正月の匂いのする暖かい台所、さんざめく若い人たちの息吹、そんな光景は私の人生の大切な一コマである。

今朝も私は朝食のトーストにバターを塗っている。

主人と二人でも広すぎた台所は、一人になった今ではもっとだだっぴろい。米寿を過ぎた主人は昨年道路で転倒して右半身をやられ自力では歩けなくなった。体調もすぐれず、いろいろあって先月から近くの介護専門のホームにお世話になっている。

私は“家での介護、もう少しがんばれたのではないか”と反芻はんすうしながらバターを塗る。

長男夫婦や介護関係の方々の助けを借りながらここまできたけれど、これが限界と私が入所を決断した。

手厚い介護を受け、穏やかな表情の主人を見るとこれでよかったのだとほっとする半面なんだか泣けてくる。

もう少しなんとかならなかったか、いや無理だったとバターナイフの先がにじんでみえる。そういえば元気だった頃、主人もパンにバターを塗ってくれた。丁寧に、惜しげもなくバターを塗ったパンの仕上がりは絶品だ。

何気ない日常がそこにあった。毎朝、私のすることは変わらないのに思いもよらぬ方向に人生は動いていく。

定まらぬ春の光の中で涙もろくなった私である。

大阪府 80歳

母の為に作ったブラウス「rakusode楽袖」②

201844143622.jpg

二つ目の大きな特徴は、<袖口がゴムシャーリング仕様>なことです。

通常の袖口ボタンは、どちらかの片手で扱います。ボタンも小さく、指先が器用でないと、とても難しい所作です。

それなので、ゴムにしました。ボタンの開け閉めもなく、するりと手が通ります。

もともとのカフスと同じゆとりのある寸法なので、割烹着のようにゴムが手首にピッタリはしません。普通のブラウスの袖口です。

カフスのようにしっかりとした面積を取るために、5本のゴム糸を縫い付けています。

袖口にきゅっと生地が集まって ちょっと小さなフリルにもなっています。

201844144953.jpg

 

 

このゴムの袖口は、ググッとたくし上げれば、スピーディに腕を出すことが出来ます。

水仕事の時や、採血や血圧の計測の時にも ササッとたくし上げられます。

201844145143.jpg

楽袖ブラウス 通信販売

http://rakusode.fashionstore.jp/

 

 

 

 

母の為に作ったブラウス「rakusode楽袖」①

201843194643.jpg美しいブラウスをつくりました。

楽袖ブラウスです。

リウマチの母が自分で脱ぎ着出来るブラウスが 市販のものでは難しく、イロイロと試行錯誤をして、2年の歳月をかけて作りました。

製作の過程でわかったのは、ちょっと身体が大変な人の「洋服」の選択肢は 機能性が優先しスポーツウェアのようなものが当たり前になっていることです。

機能性を追い求めると、美しい洋服が置き去りになる事が良くあります。

 

このブラウスを製作するときに、まずは、「美しいブラウス」であることが重要でした。洋服として、とても大切なことです。

身体のどこかがちょっと不自由でも、オフィスに仕事にも行きますし、友人とレストランにも行きます。

当たり前の日常生活があるのです。

なので、ササッと着られる美しいブラウス。

それだけで世界ががらりと変わります。

 

このブラウスの一番の特徴は、大きなアームホールです。腕がするりと通せます。前向きにしか腕が伸ばせなくても着られます。

ドルマンスリーブという名前の袖で、繰り返しファッションの流行に登場するエレガントな袖です。

20184320751.jpg

このゆったりした大きなアームホールは、よく伸びるセーターを着るときのように、肘がするりと通り 手がスッと袖に入ります。

そして、肩からの傾斜が絶妙に美しいシルエットラインを作る型紙は、サンプルを何回も作って最適な角度を見つけました。

この美しい背中は 痩せている人もぽっちゃりしている人も同じです。

モチロン、この上から普通のカーディガンも着られますし、スーツのジャケットも着用できます。

201843202324.jpg201843202354.jpg

楽袖ブラウス 通信販売

http://rakusode.fashionstore.jp/